スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無停電電源装置 その後

前回ブログ更新から1ヶ月以上経ってしまったが、実は無停電電源装置が逝ってしまったその日に私の祖母が亡くなり、そろそろ落ち着いたので無停電電源装置のその後を書きたいと思う。

使用2日目にして電源が入らなくなってしまった無停電電源装置のスイッチにはガッカリしたが、その後のサポートセンターの対応が素晴らしかった。

何が素晴らしいかって、サポセンへの電話が一発で繋がる!それ以上に対応が早い!!

「今年買ったばかりなのに押したスイッチが戻らない」と伝えただけで新品の代替品を送ってくれると言う。その会話僅か数十秒。

それから2日後、送ってきました新品のUPS。普通ならば故障品を調べた上で修理対応する保障制度だと思っていたが、ユーザーからの電話1本で先に新品を送ってしまうシステムには脱帽。




DVC00103.jpg
(手前が故障品。よく見ると右上のスイッチが引込んだままの状態がわかる。で、奥が送られてきた新品。)

しかも故障した製品の回収は、こちらが指定した日に引き取りに来てくれると言う。送料も手間も一切かからなく、これも脱帽。

某ネズミコンピューター社製のデスクトップパソコンの修理依頼時に「見積もりに2週間かかり、さらに修理に10日程かかります。」なんて言われて(デイトレーダーにとっては新しいのに買い換えろと言われてるのと同じ。)頭にくるのとは雲泥の差である。





スポンサーサイト

無停電電源装置

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これと、

banner_23.gif
↓↓↓これ。
nikkei_88_31.gif

毎年、カミナリシーズンになると不安になる。「もしポジション取った直後カミナリ停電になったらどうしよう」と。




さらに停電の原因がテポドン被弾だったりすると地政学的リスクによるボラティリティも凄いのかなと。





と、思いながらも最悪の場合は携帯電話でポジションクローズすればいいやなんて思っていたが、ついに買いました、UPS(無停電電源装置)。






本当は今年初めに買ったUPSだが、中のバッテリーには寿命があるためシーズンになったら設置する(セコッ!)つもりでいたのだ。









そしてついに、
DVC00094.jpg
1日目、12時間の充電時間を経て設置完了。
(非常用ノートパソコンの電源は心配いらないのでUPSはモデムと無線LAN親機専用です)







2日目、試しに押してみた電源スイッチが、、、引っ込んだまま戻らず、、、、再度電源が入らなくなり、、、、、壊れたのか、壊したのか?

いずれにしても電源装置の電源スイッチ故障って本末転倒のような気がするが。電源が必要だから設置した装置なのに、そもそも電源スイッチって必要なの?




次回へつづく。


一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これと、

banner_23.gif
↓↓↓これ。
nikkei_88_31.gif

ラベンダー

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これと、

banner_23.gif
↓↓↓これ。
nikkei_88_31.gif

運動不足解消の為に日課にしていた散歩を、天気が悪いのを理由にサボっていたが、久しぶりに良い天気になったので公園に出かけた。




DVC00005.jpg
先日来た時には咲いていたアヤメだが、、、





DVC00081.jpg
今日行ったらアヤメは、すっかり枯れてて、、、





DVC00078.jpg
ラベンダーが主役になっていた。






トレードにのめり込むと時の流れがわからなくなってしまい、これではいけないと思ってしまう今日この頃である。



一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これと、

banner_23.gif
↓↓↓これ。
nikkei_88_31.gif

情報商材の思い出

私の大好きなNHKの企業買収TVドラマがなんと映画になりました。
hagetaka_ban_l.gif


一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これと、

banner_23.gif
↓↓↓これ。
nikkei_88_31.gif

以前、私は情報商材マニアだった。

1ヶ月5万円の225先物シグナル配信に始まり、当時流行の海外指標逆張りシステムトレード、商品先物のシストレポートフォリオ、MT4用EAにいたっては、わざわざ海外から購入したものも幾つかあった。それら購入した情報商材の数約40

商材のHPを見比べてはドローダウンや年間利益率などをノートに書き並べ皮算用をしては明るい未来を想像したものだ。

しかしそれら商材はまるで「昔、本屋に並べられていたビニールに入ったエロ本」のように高価なのに開けるまで中身がまるでわからない。

そしてその商材の内容は、、、とても金額に見合うとは思えないほどお粗末なものから書店で売られている投資本の内容を詰め込んだものまで様々であったが、残念ながら私の頭でそれらを使いこなすことは出来ず利益を出すことは出来なかった。

購入した商材はCD-Rに保存してあるが、それらを見ていると当時の「期待、不安、絶望」が蘇り、今となっては良い思い出である。

そんな過去の思い出を振り返りながら久しぶりに情報商材を購入した。そのタイトルは「E-BOOK白書投資・資産運用編」。100種類以上の情報商材の内容が書かれている、いわゆる暴露本である。役に立つかどうかは別にして、たった15000円でこれだけ楽しめる商材があっただろうか。

中には参考になるものや検証してみたくなるロジックも沢山あるが、それらの商材から取引のノウハウを得ようとは思っていない。昔を懐かしみ、他にもいろいろな商材があり、あの手この手で販売しているんだなと、まるで手品のタネあかしを見るようにある意味で楽しみたかったのだ。




ふままん流 E-BOOK白書の楽しみ方

・E-BOOK白書から出来るだけお粗末な内容の商材を探そう。

・その商材のホームページに行き実際の内容とHPの内容とを比較してみる。

・広告の期待度と内容のお粗末度のギャップを楽しもう。

・特に購入者の喜びの声は一番の読みどころだ。



一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これと、

banner_23.gif
↓↓↓これ。
nikkei_88_31.gif

初めて株を買った時の記憶②。

私の大好きなNHKの企業買収TVドラマがなんと映画になりました。
hagetaka_ban_l.gif


一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これと、

banner_23.gif
↓↓↓これ。
nikkei_88_31.gif

初めて買った株、住金は順調に株価を上げていった。

購入価格680円、目標株価は1000円だ。

日経新聞の購読も頼んだ。短波ラジオはスピーカー付きの据え置き型と携帯型両方買った。方眼紙を文具店から買ってきた。勿論、チャートを書くためだ。1ミリ=1円、ヒゲは太めに書こう。

「ラジオたんぱ」は便利な局だ。土日は競馬実況が聞ける。しかし日経新聞は私には難しく三面記事とテレビ欄しか見ない。

住金は順調に株価を上げていった。パチンコをしながら株価実況を聞いた。パチンコで5千円負けても株価が10円上げたので嬉しかった。

日々、方眼紙に記入していった住金のローソク足チャートはゆっくりと、しかし確実に右肩上がりに推移した。900円台に載せ目標株価1000円までもう少し。しかし、ある日を境に株価が下がり始めた。まるで全長200mの大型滑り台の傾斜のようにゆっくりと。

もうすぐ戻る。いつか戻る。これだけ下げればいいかげん少しは戻るだろう。そう思っているうちに株価は800円台、700円台へと。そしていよいよ購入価格680円になってしまった。

1000円になると住金を薦めてくれた知人は言った。「政治スキャンダルがあればしょうがないよね。」政治家がスキャンダルを起こすと何故株価が下がるのかは解からなかったが、急いで住金株を売却した。約4万円の損失だ。

株の世界は恐ろしい。もう二度と手を出すまい。と思いながら次は自分で銘柄を決めようと思った。次のターゲットは憧れの会社、ソニーだ。この会社の株は何故か100株単位で買える。株価6800円、今度こそ儲かりますように。




一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これと、

banner_23.gif
↓↓↓これ。
nikkei_88_31.gif








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。