スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ再開したものの

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

とりあえずブログを再開してみたものの、いまいち読み手の反応が解らない。

個人的公開日記じゃないの?と言われればそれまでだが、やっぱり読んでもらえれば嬉しい。

内容に共感してもらえればもっと嬉しいが、残念ながら違う道を歩んでいる人達には理解困難などうでもいいブログだろう。

一人でも多くの「共感してもらえる人達」と出会いたいと思う。
スポンサーサイト

何もしないことの難しさ

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

トレードを行う上で難しい事の一つ。それは「何もしないこと」ではないだろうか?

例えば(毎回同じ例で申し訳ないが)ドル円日足チャート、ダウ理論ベースのトレードなら、昨年11月15日でロングエントリーして以来、ほったらかしのトレンドフォロワーも多いはず。私も92円を割らない限りは何も考えない。

だからツマラナイ指標発表や要人発言で発生するフラクチュエーション(価格の上下)で右往左往する事が無い。

負けているトレーダー程数多くのトレードをしたがる。しかし無駄な取引をする限り相場で勝つことは難しい。

直近安値を下回らない限り(直近高値を超えない限り)余計なことは考えない。仮に超えたらその時はクローズするなりドテンするなりして新しいトレンドを楽しめばよい。安心して放置しよう。そうすれば価格の細かい上下も気にならないし、偉そうに予想する「エコノミスト先生方」の解説も鼻で笑って聞き流せる。

自分がポジションをホールドしているのを忘れるくらいの1000通貨取引や、相場以上に熱中できる何かを持つことで「何もしない技術」をマスターしては如何だろうか。

販売用自動売買ソフト

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

HLバンドやパラボリックなどのテクニカル指標は一定の規則に従って新高値、新安値を追っていくトレンドフォロー系のチャートだ。これらがそのまま使えるかどうかは別にして、利益を伸ばすという考え方は良いのではないかと思う。(この考え方を裁量で分析するトレンドフォロワーは多いのではないだろうか。)

これらの指標の売買サイン(ドテンサイン)の表示(ラインや点=ドット)を矢印(↑や↓)に置き換えて見やすくしただけで、あたかもオリジナルの売買サインが表示されるチャートになる。

このチャートをMT4で作成、パラメーターを最適化してバックテストの結果を用意すれば「販売用」自動売買ソフトの出来上がり。

「ついに公開、誰もが思いつきもしなかった驚異的自動売買ソフトの開発に成功。人工知能搭載!多くの雑誌でも紹介され今まで勝つことのできなかった初心者でも簡単に短期間で寝ている間にほったらかしで大儲けできる勝率80%、プロフィットファクター2.0、驚愕の人生大逆転自動売買ソフト「イージーMAXマネードカン!PRO Ver2.1」特別公開限定先着100名様(現在残りわずか20名様限り、追加販売はいたしません)、今から10日以内のお申し込みなら通常価格69800円を特別限定価格9800円で御提供!」みたいな販売文句を書いて、Q&Aと感謝のお手紙、さらに冒頭に「残り〇〇時間」のカウンターを表示させれば完璧だ。

但しこのソフト、あくまで「販売用」である。けっして自分の資産運用に使用してはならない。

新・ふままん流 チャートの見方

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif


新・ふままん流 チャートの見方だ。

近所から小学生くらいの子どもをつれてきて日足チャートを見せ「グラフ」の特徴を聞いてみる。

「右上にびよ~んとなってる」と言われれば上げ相場だし、「なんかグチャグチャだね」と言われればそういう相場なのだ。

例えば、現在の日足ドル円チャートを小学生に見せれば、、、まさか「一番右上の部分(2月に入ってからの揉み合い部分)は上下しているね」なんて部分的な指摘はしないだろう。子どもになったつもりでチャート全体を大雑把に把握する事から始めたい。

チャートの見方なんて難しく考える必要などない。ましてや複雑なテクニカル指標(計算式)なんて使わないほうが良い。

チャートの見方や考え方を複雑にしてしまうと(言い換えればシンプルにしておかないと)それ以降の判断や行動にブレが出たり、メンタル面の制御がさらに難しくなってしまうのだ。

買いか売りかが重要ではない。

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これと、

banner_23.gif
↓↓↓これ。
nikkei_88_31.gif

例えば、多くの方が大好きなボリンジャーバンド。チャートの足が+2σに達したとする。

Aさんは・買われすぎているので、そろそろ売られるだろうとショート。(逆張り)

Bさんは・これだけ買われているのだから、これからも買われ続けるだろうとロング。(順張り)

どちらの考え方が正しいか?・・・正解はどちらも正しい。

少なくともエントリーする時点では「ショートが正しい行動」か「ロングが正しい行動」なのかは判らない。一寸先は闇だ。

言い方を変えれば、ロングだろうがショートだろうが、どちらでエントリーするかは重要ではなく、そんなのどちらでも良い。

さらに言い方を変えれば、相場で勝つ為になすべき事が10あるとすれば、ロングかショートかを悩む事は10ある内の1にも満たない。

エントリーした後の行動が重要なのに、相場で負けている人達はエントリー時にロングにするかショートにするかを迷う事で全てのパワーを使い果たしてしまうから、ロングで入ろうがショートで入ろうが結果負けてしまう。

そう、極論かもしれないがテクニカル分析なんて、どうだって良いのだ。

相場で勝つ人と負ける人は悩むべきポイントが全く異なる。

チャートを読むという事

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これと、

banner_23.gif
↓↓↓これ。
nikkei_88_31.gif

相場において未来を予想すること程、無駄なことは無い。

明日の相場、1時間後の相場、1分後の相場でもよい。未来を当てられる人がいるなら是非お会いしたい。

何故エコノミスト達は「この円安は〇〇月までは続くでしょう。」などという記事を書けるのか?

未来を当てようとしているのではない。仕事として記事を書いているだけだ。書かないと生活していけないからだ。

相場で勝つ為に「未来を予想」せずして何をするのか?それは「現状に対応」する事だ。

チャートを読むという事は「未来を当てる」事ではなく「今、何をすべきなのかを確認する」事なのだ。

追記

昨日の記事、円売りを勧めているのではありません。これからも円安が続くと言っているのではありません。念の為。

ブログ再開

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これと、

banner_23.gif
↓↓↓これ。
nikkei_88_31.gif

気が向いたのでブログ更新!

で、言わずと知れた円安。円を売れば誰でも儲かる。

少なくともトレンドをフォローしている限り利益は増える。

それでも負けてしまう貴方へ、、、「新・ふままん流 チャートの見方」近日公開!

ということで気まぐれ更新のわがままブログをこれからも宜しくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。