スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わっかるかな~

上がれば買う、下がれば売る。。。

しかし今、上がっているのか、下がっているのかがイマイチよく解らない。

そこでインジケーターを使う。今、上がっているのか下がっているのかを表すインジケーター。

で、ますます相場が楽しくなる。



ボラティリティが高い時に取引をして、ボラティリティが低い時に相場を休む。

しかし今、ボラティリティが高いのか、低いのかがよく解らない。

そこでインジケーターを使う。今、ボラティリティが高いのか低いのかを表すインジケーター。

で、ますます勉強熱心になる。



でも相場では勝てない。。。

わっかるかな~。わっかんねぇだろうなぁ~。
スポンサーサイト

ポイントアンドフィギュア

相場を価格で捉えるならポイントアンドフィギュアチャートが良いと思う。

これはテクニカル分析と言うよりはローソク足やバーチャートなどのチャートの代わりに使用している。

ローソク足などのチャートとは違い時間という概念が無い。だから揉み合い相場はチャートに表れない。価格の移行のみを表示する。

ポイントアンドフィギュアならばトレンドラインを引いてみても面白い。(言い方を変えれば私はバーチャートにサポート、レジスタンスラインは引くが、トレンドラインは引かない。)

興味のある方はMT4用インジケーターを使用するよりも、方眼紙を使用して自分でチャートを作成することをお勧めしたい。

何故かポイントアンドフィギュアに関する専門書は少ない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。