スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪をひきました。

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

熱が下がらず寝込んでいます。

週足を軸に日足でトレード、日足を軸に4時間足や1時間足でトレード。気分が乗ればデイトレード。

いろいろな時間軸で立体的にトレードするので、今がショートなのかロングなのかと言うことは無い。同じ今でもロング、ショート複数のポジションを持つ。

トレンドが終われば切る、トレンドが続けば増し玉する。トレードなんてたったこれだけだ。未来を予想するなんて神業的なことをする必要など全く無い。

そう、ロングかショートかを悩む必要は無い。いくら考えても答えは出ない。出る筈も無い。取れる所(トレンド発生中)で取る。どうすれば良いか悩んだら手を出さない。。。

繰り返すが大切なのは増し玉だ。トレンドをフォローするだけでは大勝出来ない。ロングかショートか悩む暇があったらポジション操作を学んでほしい。

しかし寝込んでいる今、4時間足や1時間足という短い時間軸のチャートを見る元気もないので、日足中心のトレードとなっています。

気が向いたらまた更新したいと思います。それでは皆様、GOOD LUCK!
スポンサーサイト

「知っている」と「出来る」その2

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

前回の「知っている」を「出来る」ようにする為にはどうすればよいか?

何度も書くが、欲を捨てろと言うことだ。勝とうと思わないことが勝つ為の秘訣。

しかし金儲けの為に始めた投資(投機)で欲を捨てることが出来るのか?

(勝者には常識だが)この世界で勝つ為には、正常な人間の心理とは反対のことを行わなければならない。

ならば自分の気持ちを簡単に変えることなんて出来るのだろうか?

おそらく出来ない。心理学の本を一生懸命読んだところで正常な人間なら自分の心理を変える事なんて出来ないのだ。大切なのは心理学の本を読んだ後の応用であり、自分では変えられない心理を何でカバーするのか。この部分を自分で考える事が相場の世界での本当の学びということなのだ。

スイングトレードを薦める理由はテクニカル分析が簡単であること以上に、心理的に優位に立てるからである。

「知っている」と「出来る」

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

価格がグングン上がっていくので、ここで飛び乗らないと儲け損ねてしまう。

上昇トレンドだが、一時的に下がっている場面で買うのは怖い。

ポジションに含み益が出ているが、この含み益が無くならない内に利益確定させたい。

ポジションに含み損が増えているが、この含み損が元に戻るまでポジションの損を確定させたくない。



どの投資本やブログにも書いてある投資家の心理であるが、これらについて真剣に考えたことはあるだろうか?

多くのトレーダーが負けて終わってしまうのはテクニカル分析云々が足りないのではなく、まず初めに人間の心理について全くと言っていい程学んでいないからだと思う。

「初心者ではあるまいし、私はそんなことは知っているよ。」と言っているあなたは勝ち組であることを願いたい。「知っている」と「出来る」は全く別次元のものだ。

インベスターZ

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

「インベスターZ」というマンガ(単行本)があって、中学生の主人公が多額の資金を動かすという数少ない株式投資マンガなんだが、これが結構面白くない。(これは個人的感想だ。感想は読み手によって個人差があると思う。)

私が株を始めた頃に読んだ株式投資マンガは、主人公の新米証券マンが巻を進むにつれ成長していくという「マネーウォーズ」であったが、今思えばこれもあまり面白くなかった。(と、書きながらも当時は結構面白く読んでいた自分が恥ずかしい。)

ということで、批判ばかりの私が投資系マンガを書いたらどうなるか(勿論主人公はメタボリック症候群予備軍の〇ままん)・・というと・・・主人公はスイングトレーダーだったりするので・・・・何もすることなく物語りに変化が無いのでやっぱりつまらない。

で、投資に参考になるマンガはというと、「以前にも紹介した、カイジ」や「アカギ」の著者 福本 伸行氏 のマンガだ。直接投資に関する内容が書かれているわけではないが、下手な投資本より遥かに投資に対する本質が描かれていて勉強になると思う。

下位チャートは無視しろ。

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

以前書いた記事と内容が重複するが、下位チャートは無視しろ。

1時間足チャートで取引するならば、分足や5分足の動きは見るな。規則性の無いフラクチュエーションだ。

日足チャートで取引出来るようになれば米雇用統計発表に翻弄されるな。もっと大きな利益を得るのだ。

週足チャートで取引する覚悟を決めたら時間をもっと有効に使おう。限りある人生だ、取引に時間を割くなんて馬鹿げている。チャートなど監視する必要は全く無い。

上位足チャートには逆らうな。

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

5分足チャートや15分足チャートをマイナススケールボタン(またはスライドする)でズームアウトしていくとチャートは横方向に圧縮される。プラットフォームにもよるが、あるところまで圧縮するとそれ以上圧縮されなくなる。

そこから先はあなたの頭の中でイメージしよう。5分足や15分足を更に圧縮していくとやがて1時間足となり日足となりそして週足となる。

5分足や15分足の動きは見る範囲を広く取れば(遠くから見れば)1時間足と同じなのだ。1時間足や4時間足は圧縮してゆけば日足や週足と同じなのだ。

言い方を変えれば5分足や15分足の川の流れは1時間足の川の流れには一時的に逆らってもまた1時間足の流れに戻るし、1時間足や4時間足の川の流れは、やはり日足のそれには逆らえない。日足、週足の関係も同じ。極論だが、どのチャートの流れもいずれは月足チャートという大きな川の流れに飲み込まれていく。

要は取引するチャートの上位足チャートを見れば買いか売りかは自ずと決まる。あとはいつ入っていつ出るかを考えるのだ。基本は川の流れに逆行している時は待ち、順行している時はポジションを持つ。(更には複数の時間軸チャートで考えトレードすることでポジション量に変化をつける。)

これら(上記)は一般的な入門書に書いてある当たり前のことだ。しかしこの当たり前の事もやらずに難しい難解なテクニカルチャートを探求して、短時間の間に買ったり売ったりと神業的な事をやろうとしてるトレーダーが多いのではなかろうか?

相場の世界は自由

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif


相場の世界は自由だ。自分が何をどうやろうと誰も怒らない。


取引をしてもしなくても、

いつ取引をしても、何を取引しても、

いつエントリーしても、いつクローズしても、

利食いを入れても、損切りしても、

含み益を伸ばしても、含み損をほっといても、

そう、ルールを守ろうが破ろうが誰もあなたを責めたりしない。誰も怒らない。


相場の世界は今までに経験したことの無い特殊な世界なのだ。

あなたの取引通貨は?

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

FX取引しているあなたはどのような通貨ペアを選んでいるだろうか?

何故、その通貨ペアで取引しているのか直ぐに理由を答えられるだろうか?

もし自分の取引している通貨ペアの選択理由が明確に答えられないのなら、その取引今すぐ止めたほうが良い。あまりに取引に対して無頓着すぎる。

以前、ポンド円を取引しているトレーダーに何故ポンド円を取引通貨ペアに選んだのか聞いてみたら、「良く動くから。」だそうだ。

価格変動率の高い通貨ペアを選択する事は決して間違ってはいない。驚いたのはその後だ。

彼はポンド円の1日の平均ボラティリティすら把握しておらず、大まかな週足、月足チャートの形状すら頭に入っていないで取引していたのだ。

勿論相場の世界は自由だ。何をしても誰も怒らない。ただ少しでも勝ちたいと思って取引するならば、最低限必要な知識や情報を得る努力(?)くらいは惜しまず行おう。

取引環境

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

私の現在の取引環境はいたってシンプルである。

安価なPC1台(グラボのみマルチモニター用を追加)に2枚のモニターが繋がっているだけだ。(マウスだけはそのデザインに惹かれてCyborg RAT9を購入したが実際に使用してみて後悔。キーボードは相変わらずFILCO社製を使用。)

スイングトレードなので日足と週足チャートが見れれば良い。逆張りをする時でもせいぜい4時間足チャートを見るくらい。

株取引のデイトレードやFXのスキャルピングを専門とするトレーダーは数多くのモニターも必要になってくると思われるが、私のように取引を面倒くさいものと思うようになってからは細かな分析はする気にもなれない。

いざとなれば携帯電話一つで取引の為の分析ができる。

それだけトレードなんてシンプルで良いと思う。

有事のドル買い??

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

あなたの周りにこんな事を言う人がいないだろうか?

「有事のドル買いだよ」とか。

「9.11以降、有事の時はドル売りなんだよ」とか。(既にこの時点で意見が分かれている。)

「こういう時はフランが敏感なんだよ」とか。。。

鵜呑みにしてはいけない。

こういう事を口にする人程、他人の意見を言っているだけであり本人の経験則ではない。「有事のドル買い」と言っている人に限って本人は買ったり売ったりして右往左往しているのだ。。「有事のドル買い(又は売り)」は結果的に判ることであり、われわれ個人トレーダーが今どうこうすることではないと思う。

そもそも今が有事なのかどうかも判らないのだ。迷いを払い、いつも通りの自分のトレーディングに徹しよう。大切なのは他人の意見に惑わされない事。自分の考えを持ってトレーディングすることである。



相場には全く関係の無いどうでも良い話で恐縮だが、昔のテレビ(放送受信機)は、、、

ガチャンガチャン、と回すVHFチャンネルと(興味の無い人はこれ以上読まないで。)・・・

田舎のローカルチャンネルを見る為のくるくる回す、昔のラジオの周波数合わせのツマミみたいなタイプ(このラジオのダイヤルも解らない世代には解らないんだろうね)のUHFチャンネルとがあって、

特にテレビが古くなりチャンネルの調子が悪くなると、VHFチャンネルはガチャン!といった所では放送が見れず、チャンネルを回す手に力を入れて微妙な所で(放送を見れるところで)止めなければいけないという技が必要であったが、あの頃はボタン式のリモコンに憧れた時代であった。(音声多重放送対応にはもっと憧れた。)

昭和の時代が懐かしい。

週足チャート

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

先日のこのブログを読んで週足チャートを見て頂いたであろうか?

「ふままんのブログは何処か間違っている。」そんな意見でもおおいに結構だ。大切なのは自分の考えを持つこと。

週足チャートなら、どのようなテクニカルチャートを重ねても面白いんじゃないかな、結構機能すると思う。できればトレンドフォロー系を。

繰り返す。大切なのは自分で考えること。相場の世界に何が正しく何が間違っているということは無い。

ウクライナ情勢

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

専ら話題のロシアによるウクライナ軍事介入だが、これが今後為替にどのように影響を及ぼすのだろう。

で、あれはこれはと情報を探し回り買いか売りかとアタフタしているようでは負けが見えている。

この件が今後メイントレンドのテーマとなるか否かは後になって判ることであり、今から悩んでも仕方が無い。そんなに悩むならポジションを全てクローズすればよい。

でも、円売りに疲れた市場関係者は何でも良いからボチボチ何か次のテーマを待っているんじゃないかな、と思う。(決して円買いを予想しているのではない。念のため。)たとえそれがウクライナ情勢でなくてもだ。

一般的なトレーダー

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif


一般的なトレーダーは・・・


投資家向け番組を視聴して全てを信じ、あたかも自分の意見のように他人に話す。ブログに書き込む。掲示板に張り付ける。

銘柄選別有料情報。情報料が高いほど信頼性ある銘柄だと信じる。

有料シグナル配信。仕事中なのに何度もトイレに駆け込む。

ブログの徘徊が命。

MT4用EA探し、性能の比較(いや、年間利益額の比較)、皮算用して将来を夢見て夜も眠れない。

MT4によるバックテストや最適化にのめりこみ徹夜。ありえないプロフィットファクターに。

過去のチャートからパターン研究、ダブルスーパーリーチを探す。

勝ち負けの最適な比率を探し損小利大の追求した挙句、利益も限定。

テクニカル分析を知り尽くす。知らないのはファンダメンタル分析だけ。

ファンダメンタル分析にやたらと詳しい(ついでに国際政治学にも長けている)。

寝る間も惜しまずパラメーターをいじくりたおし、結局どれが良いのか解らない。

聖杯、必勝法の探求。(を情報商材に求める。)

経済指標発表に合わせた根拠の無いスキャルピングでトリプルビンタ。感情でトレード。

長時間軸でのトレードもしたこと無いのにいきなりデイトレードやスキャルピング。

自分は頭がいいから相場も勉強すれば勝てると思う。

短期間で儲けたい。しかも億万長者に。

仕事が嫌だから専業トレーダーになりたい。すぐにお金持ちがいいのでデイトレーダーが一番!

ゴールデンクロス手前でフライングして買い。ダブルボトムで自信を持って買い。ボトムソーサーで満を持して買い。ブレイクアウトで気合を入れて買い。有名ブロガーが買っているからたぶん買い。著名エコノミストが買いって言っているから当然買い。

などなど。この中で3つ以上思い当たる節があるならば要注意だ。100人のうち90人が敗者なら90人の皆が普通にやっていることでは相場では勝てない事実を受け入れなければならない。

そうそう、ブログの徘徊と言えば・・・このブログを読んでトレードの参考にしようとしているそこのアナタ。当然、相場で勝てるようにはならない。こんなブログは何かのきっかけがつかめたら、もう読まないほうが良い。固定概念を持つことが相場を学ぶ上で一番害となるのだ。自由な発想をしよう!

高値、安値

一日一回、皆様のあたたかい一票を
よろしくお願いいたします。

↓↓↓これ

banner_23.gif

チャートを見て直近の高値、安値が判るだろうか?

判らない人はおそらく見ているチャートの時間軸が短い。

見ているのは15分足?1時間足?それとも日足だろうか?勝てないトレーダーならそんなチャート3年早い!

月足とは言わないが先ずは週足だ。クロス円チャートの高値安値が少しずつ切り上がっているように見えるだろうか?金融緩和から右肩上がりになっているように見えれば貴方の目は正常だ。自信を持ってクロス円をロングしよう。簡単だ。

ロスカット幅が大きい?ローレバレッジにすればよい。ハイレバで無駄なお金をドブに捨てるより遥かに安上がりだ。

週足でトレンドフォロー。しかしこれが全てではない。ここからいろいろな疑問が出てくる。そして自分で考えるようになる。ここで初めてトレードの世界のスタートラインに立ったのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。