スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝耳に追加緩和

ポジショントークを書くと大概裏目に出るが、、、流石に今回の件で一気にドル円ロングのポジションを高めた。

黒田さん、GPIFの関連否定や緩和タイミングなどいろいろと書かれているがそんなのはどうでも良い。相場が動けば良いのだ。価値を下げたい円と価値を上げたいドルの組み合わせが動かないはずが無い。

つい先日まで「ドル安円安」なんて煮え切らない状況の中でドル円のポジションに抵抗があったが、FOMCによるQE3終了で自然とロングポジションが増え、当然テクニカル的にもポジションが増え、直近高値に逆指値の新規ポジションが勝手に増えていたわけだが、もうこの様なレベルの話ではない。

前回の緩和発表後の動きと同じになるとは思ってはいないが、これだけ条件が揃えばレバレッジを上げたくなる。勿論相場は丁半博打、最悪のケースを想定しながらも半年先・1年先を見据えたトレードを行いたい。

本音を言うとユーロ金融緩和期待のユロドルショートに飽きたのだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。